menu

昔日本の家庭は総中流意識を持っていた時がありましたう

高度経済成長が終わり、生活も安定しみんなの暮らしがちょっと楽になった時代があったんです

だけど時代はいつの間にか格差社会になってしまったんですね

宮城の高校で学費ではなく教材費を滞納したということで卒業式に出られなかった生徒が昨年度末いたんです

学校側も採算親に対して支払いを頼んだようなんですが、入学当初から生活困窮を理由に滞納していたみたいです

生活保護費を受給している人もいるし、一概には言えないのでしょうが自分の子供のことなんだから責任をもって払うべきでしょう

たとえ自分が食べなくても子供を食べさせようと考えるのが親だと思うんですよね

そういう考え方自体が古いのかもしれませんが、生活困窮というのはもっと違うのでは

働いても働いても生活できるかどうかというのが困窮というものでしょう

そうならないために生活保護費は存在するはず、なんか払いたくないから行っているとしか思えないんですよね

宮城の学校だって晴れて卒業式に出させたかったでしょう、やっぱりこれはお祝い事ですからね

ただ出られなかった子供が小屋を恨むのかそれとも学校を恨むのか?

一番の問題はここかも知れませんね

毎日歯を磨くのは当たり前、だけど歯の手入れというのはやらなく他はいけないものですよね

歯石やホワイトニングもあるだろうし、やっぱり虫歯とか歯周病の予防もありますよね

私も30歳になるちょっと前からこの歯医者通いをしているんですよね

最初は虫歯から始まったんですが、それが部分入れ歯になり自分の歯がどんどん減っていってしまったんです!今ではインプラントも考えないと・・・

ご飯を食べなくてはいけないから悪い歯は抜いていったんですがどうもこれは間違いだったみたいです

たとえ虫歯でも抜かなくても削らなくても治る場合があるんですね!これには驚きでしょう

もちろん歯医者さんにもよるのですが、なんと代々木にある山田歯科医院がそうなんですよね

内科とかのかかりつけのお医者さんはあるけれど、歯はないという人が多いはず

ここは歯のかかりつけのお医者さんになれるところなんです

痛くない歯医者というだけでも魅力的ですけどね

バカ息子とばかり思っていた長男が、いきなり「進学校へ行きたい」なんて言い出しました。「あんた、地元の公立に行く予定じゃなかったの?」と言うと「やりたいことが見つかったんだ」と、やけに真剣です。話を聞いてみると、建築士になりたいとかでビックリ!国立大学を狙いたいということで、そのためにレベルの高い高校へ行きたいそうです。

それを聞いて夫は大喜び。「男なら大志を抱くのは当たり前。いやあ嬉しいなあ!」ですって。私はというと・・正直、習い事なんかも長続きしなかった長男ですから「そのモチベーションがいつまで続くやら・・」と疑っていますね。

でもまあ、勉強はした方が良いのは分かります。すぐにママ友から勧められた田無の学習塾へ電話をして相談しました。「先生、今からでも間に合いますかね?」と聞くと「何とも言えませんが、頑張ってみます!」と頼もしいお返事。あとは本人の頑張り次第というわけですね。

とりあえず、ゲームは撤収。ブーブー言ってましたが「分かった。勉強頑張るよ」と最後は納得したのでちょっと驚きましたね。これは意外と本気なのかも?期待しすぎずサポートしてみます。

会社経営者にとってはもちろんのこと、個人事業主にとっても、確定申告のもとになる決算書類の作成は大きな課題になります。
また、単なる書類作成に留まらず、より効率的な経営を目指すためにも、経営内容の見直しが求められます。
そんなときは、税の専門家である税理士の存在は大変大きいものがあります。
もちろん、これから起業を考えている人にとっても、税に関する内容は、知っておきたい専門知識のひとつだといえます。
東京・新宿の税理士事務所は数多く存在しますが、なかでも「税地理法人TOTAL 新宿本部」はお勧めのひとつです。
こちらには、税理士だけでなく、公認会計士、司法書士、行政書士、Web制作担当など、それぞれの専門家が在籍しているため、トータルなサポートが期待できます。
確定申告に必要な書類作成は、時代の流れもあり「会計ソフト」の導入で簡単にできる時代になりました。
そのため、財務状況の見直しや改善策の提案などによって、お客様をサポートすることが税理士の役目として重視されています。
なお、「税地理法人TOTAL 新宿本部」には、若いスタッフが多く、チームプレーによるきめ細やかで丁寧なサービスにも定評があります。